在籍確認は審査の最終段階

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンの申込みには当然のことながら必ず審査があります。
審査の中で特に重要になるのが在籍確認で、審査の最終段階で在籍確認がおこなわれます。
在籍確認の電話があるということは、ほぼ審査に合格していると思ってもほぼ間違いありません。

 

「在籍確認が重要視されるのは」
キャッシングの申込があった時、銀行側としては申込者にお金を貸しても返してもらえるかどうかが一番重要になります。
その判断基準として、定職について毎月安定した収入があり、貸したお金の返済ができるということにあります。
たとえば、自営業や個人事業主よりも会社員のほうが審査にとおりやすいと言われる理由は、会社員なら毎月決まった日に給料が支払われるので「継続した収入が有る」と見られます。
だったら適当に大企業の従業員と書いておけば審査に通りやすいと考えるかもしれませんが、「その人が本当にその会社に勤めているかどうか」、電話を掛けて実際に本人が勤めているのかを確認します。

 

「在籍確認の方法」
在籍確認は、申込をした金融機関の担当者が会社へ電話をかけて確認することになります。消費者金融からの電話と違って、銀行からの電話なら気にすることもありませんが、金融機関の名前は出さずに個人名で「□□と申しますが、○○さんはおられますか?」というようにかかってきます。
かかってきた電話に本人が出る必要もなく、外出中のときや会議中の時は「○○はただいま外出しております」「○○は会議中なので電話を取り次げません」といった答えが得られれば在籍確認は終わりますので、それほど気にする事もありません。

 

「在籍確認の電話は審査の最終段階」
審査は、申込書の記入内容と信用情報機関をもとにして審査がおこなわれます。
インターネット申込の場合は、仮審査という形で審査結果や融資限度額が知らされます。
その後、本人確認書類や場合によっては収入証明書類を提出すれば本審査が始まり、書類確認が終わった段階で在籍確認の電話が入りますので、在籍確認の電話が有るということは審査に通る可能性が高いといえます。
在籍確認の電話を書類の提出で代替えにしている大手消費者金融がありますが、銀行カードローンの場合は、電話での在籍確認になります。