銀行カードローンなら主婦でも借りられる

ご主人の給料だけで家計をやりくりしている専業主婦は、急な出費があったときは大変です。
給料日までのあいだ、とこかでお金を用意しなければならなくなったときは、消費者金融のキャッシングや銀行カードローンを申込むのもひとつの方法です。
キャッシングは安定した収入があれば、どこでも申込ができますが、専業主婦の場合、キャッシングを始めるには制限があります。

 

「消費者金融のキャッシングは難しい」
これまで、キャッシングの利用は主婦が一番多いと言われていましたが、消費者金融は2010年の貸金業法の改正で総量規制が導入されるようになりました。
総量規制は、借入希望額が年収の3分の1以内と制限されることで、消費者金融のキャッシングは年収がなければ利用できなくなりました。
おなじ主婦でもパートやアルバイトで収入があればその年収の3分の1以内であれば申込ができますが、年収が必要になることからこれまで消費者金融を利用していた主婦にとっては厳しくなっています。

 

総量規制には「配偶者貸付制度」があります。
この制度は無職の専業主婦のために造られた規制ですが、主婦が申込をする時はご主人の同意を得る必要があることや、ご主人の会社へ在籍確認があります。
また、この制度を導入している消費者金融もありますが、基本的には申込者に収入が有ることが条件づけられているので、専業主婦のキャッシングはきびしいと言えます。
しかし、働きに出たくても出られない専業主婦は、お金の工面をするのにキャッシングができないのでしょうか。

 

「専業主婦は銀行カードローンがおすすめ」
消費者金融のキャッシングは収入がなければ利用できませんが、銀行カードローンは銀行法に基づいて事業をおこなっているので、貸金業法の総量規制の対象にはなりません。
銀行カードローンでも基本的には収入が有ることが条件ですが、法律で規制されていないので審査にとおれば収入に関係なく融資が受けられます。
銀行カードローンのなかには専業主婦を対象にした商品を扱っている銀行カードローンもあります。
融資限度額はそれほど高くはありませんが、日常生活の不足を補う程度のお金なら借りられますので、そういった主婦専用のカードローンをおすすめします。