おまとめにも使える銀行カードローン

キャッシングを続けていると、返済が厳しくなり新たな借入をしてしまい、複数社の借入で毎月が返済に追われるというかたもおられます。
そういったかたのために「おまとめローン」があります。
おまとめローンは複数日ある返済日を1日にまとめ、金利を低くすることで毎月の返済が楽になり、利息を含めた総返済額を減らせるというメリットが有ります。

 

「消費者金融でおまとめ」
消費者金融や銀行カードローンに「おまとめローン」や「借り換えローン」という商品がありますが、おまとめローンは、契約をするとあとは返済だけになり、新たな借入ができなくなるので、返済途中でお金を借りることはできなくなります。
おまとめローンで融資を受けられると、本人に代わって一括返済されますが、それまで利用していた消費者金融から「増額しませんか?」とか「金利を下げるので利用しませんか?」というような誘いが来ることがあります。
「おまとめローン」の契約は、新たな借入をしないということが条件になっていることが多く、誘惑に負けて新たな借入をしてしまうと、それが発覚した場合、一括返済を求められることが有るので注意が必要です。

 

「銀行カードローンでまとめる」
銀行カードローンは一般のフリーローンでもまとめることができます。
銀行カードローンは低金利でお金が借りられ、融資限度額も高いのでおまとめローンとして利用することができます。
借入金額が大きくなるので審査が厳しくなりますが、金利は確実に少なくすることができますし、返済を続けて借入限度額に余裕ができれば新たな借入も可能になります。

 

「おまとめはメリットだけではない」
銀行カードローンは、金利が低いことでおまとめにおすすめですが、いくら金利が低くなっても返済方法によっておまとめのメリットが生かされない場もあります。
返済方式が「残高スライドリボルビング方式」となっている場合が多いのですが、この方式は毎月返済額が少ないので、楽な返済ができます。
そのため、返済期間が長くなり、まとめる前より総返済額が増えてしまったということもあります。
おまとめで利用するときは、いくらでもよいので毎月返済額に上乗せをして返済するとか、お金に余裕がある時は繰り上げ返済をすることで総返済額を減らすことができます。