保証会社の保証を受けるとは

銀行カードローンの申込条件に「当行が指定する保証会社の保証が受けられるかた」と書かれているように、銀行の審査以外に保証会社の審査に通る必要があります。
これは保証会社が申込者の保証をするという意味で、仮に利用中に返済が出来なくなったとき、保証会社が代わって返済をする事になります。

 

「保証会社とは」
銀行カードローンの保証会社は同じグループ内の大手消費者金融やクレジット会社が保証会社となっています。
○みずほ銀行    オリエントコーポレーション
○三井住友銀行   SMBCコンシュマーファイナンス
○三菱東京UFJ銀行  アコム 
○りそな銀行    オリックス・クレジット、りそなカード
など主だった銀行カードローンと保証会社はこのようになっています。

 

「保証会社の審査」
保証会社による審査と聞くと、何か特別なものというイメージがありますが、審査内容は通常の消費者金融のキャッシングの審査とほとんど同じなので特別なものではありません。
審査で重要視されるのは返済能力があるかどうかの確認が主体で、他社の借入状況や、安定した収入が有るか、過去に遅延や延滞などの金融事故を起こしていないかなど、消費者金融のものとほとんど同じと言われています。
違いがあるとすれば審査の基準で、銀行からの貸付するための審査になるので、消費者金融の審査がそのままというわけではなく、銀行のカードローンの審査基準はいくらか厳しくなるようです。

 

「保証会社の役割」
保証会社の役割とは利用者を保証することになるので、仮に利用者が遅延や延滞などを起こすと、保証会社が利用者に代わって代位弁済します。
代位弁済によって銀行は被害を受けません。
代位弁済をすると債権は保証会社に移り、その後の請求などは保証会社から請求が来るようになります。

 

払えなくなったとしても、保証会社が代わりに払ってくれる」と安心するのは大きな間違いで、返済が出来なければ信用情報機関に事故情報が記載され、新たな借入が厳しくなることや、将来住宅ローンなどで借りたい時は審査に通らないことになります。
キャッシングは「借りたお金は必ず返す」というのが鉄則で、特に銀行カードローンの場合、遅延や延滞を起こさずしっかりと続けることや、返せる範囲で利用することが重要です。