銀行カードローンと銀行系どうちがう?

キャッシングには銀行カードローンと銀行系カードローンと言うような呼び方をする事がありますが、どのような違いが有るのでしょう。

 

「銀行カードローンと銀行系カードローンの違い」
銀行カードローンとは、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などの大手銀行や、都市銀行、地方銀行など、銀行が直接提供しているカードローンのことです。
一方、銀行系カードローンとは、特に明確な定義があるわけではありませんが、一般的には銀行カードローンに加えて、銀行を中心とした金融グループの傘下にある大手消費者金融を銀行系と呼び、アコムやプロミス、モビットなどがそういった銀行系のカードローン・キャッシングに該当します。

 

「銀行系カードローンと呼ばれるようになったのは」
以前に大手と呼ばれていた消費者金融は貸金業法の改正以降、金利の見直しなどや金利返還訴訟などによって大打撃を受け、融資するお金が無くなるほど資金不足に陥ってしまいます。
一方銀行は小口金融に力を入れたいのですが、そのためには莫大な資金を投入しなければならず、消費者金融と提携できれば最小限の出資で小口金融ができると考えます。
資金に困っている大手消費者金融は、銀行という安心感と豊富な資金が利用できるので、銀行との提携を考えます。
このようにお互いの想いが一致したことで、大手消費者金融は銀行グループの傘下に入ったので、銀行系消費者金融と呼ばれるようになりました。

 

「銀行カードローンと保証会社」
銀行カードローンは「保証会社の保証が受けられるかた」が申込条件になっていて、名前がよく知られている銀行カードローンの「三井住友銀行カードローン」は三井住友グループのSMBCコンシュマーファイナンス、「バンクイック」は三菱東京UFJフィナンシャルグループのアコム、「オリックス銀行カードローン」はオリックス・クレジット会社」というようにグループ内の消費者金融やクレジット会社が保証会社になっているのがわかります。

 

銀行系カードローンと言っても、消費者金融扱いになりますので、融資限度額は年収の3分の1以内という年収制限や、銀行カードローンに比べて金利が少し高めになります。
低金利で少しでも多くのお金を借りたいと考えているときは、銀行カードローンがおすすめです。